Setup Workflows を UI から re-run すると {"message":"Key has expired."} と表示される

UIの画面からSetup Workflowを再実行した際に表示される事があります。

セキュリティとシステム的な一貫性の理由から、Continutation は Pipeline ごとに1回、Setup が始まってから一定時間のみ許可されています。Pipeline が実行されずエラーになる場合は、悪意のある実行を防ぐための仕組みとご理解頂けると幸いです。

この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。