CircleCI API 呼び出しでの "Basic" 認証の使用方法

CircleCI API v2 のドキュメントの例で示しているように、API 呼び出しに対して Basic 認証を使用できます。

https://circleci.com/docs/api/v2/#section/Authentication/basic_auth

この場合、Basic 認証のヘッダー内の API トークンは、呼び出しに渡す前に Base64 でエンコードする必要があります。 そのためには、次のようなコマンドを実行します。

echo -n <personal-api-token> | base64

そして、Base64 でエンコードされた出力を curl に渡します。その例は次のようになります。

curl --request GET \  --url https://circleci.com/api/v2/workflow/<workflow-id-here>/job \  --header 'authorization: Basic <base64-encoded-token-here>'
この記事は役に立ちましたか?
9人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。