ジョブ終了後のトラブルシューティングに使えるように chocolatey のログを保存する

Windows Executor の使用時に、ジョブで chocolatey を使用してパッケージをダウンロードおよびインストールすると、ダウンロードまたはインストールが失敗することがあります。 chocolatey ではデフォルトでログ ファイルが生成されますが、アーティファクトとして保存しないと、このファイルはアクセス不能になります。

そのため、ジョブの問題を後でトラブルシューティングするには、chocolatey を使用するステップの後に以下のステップを追加します。

- store_artifacts:    path: C:\ProgramData\chocolatey\logs    destination: chocolatey_logs

このステップにより、ダウンロードとインストールのコマンドの出力結果を詳細に記録した以下のログが保存され、問題の発生箇所を特定しやすくなります。

chocolatey_logs/choco.summary.logchocolatey_logs/chocolatey.log
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています