「Error: There is no available Metal device on this system」 エラーが出てテストが失敗する

現在、CircleCI の macOS Executor は VM で実行されるため、GPU またはハードウェア アクセラレーションが存在しません。そのため、Metal フレームワークがロー レベルでの GPU へのアクセスを試行するとクラッシュする場合があります。 macOS ゲスト向けの 3D アクセラレーションは、一般的なハイパーバイザーではあまりサポートされないので、この問題は CircleCI 単独での解決が困難です。

一般的に、ハードウェアによるレンダリング高速化機能の多くは、使用可能なソフトウェア レンダリングにフォールバックされるようになっているため、このことが問題になるケースはほとんどありません。たとえば iOS シミュレーターの場合、通常はそれ自体にハードウェア アクセラレーションが適用されていますが、同時にフォールバック機能も備えています。 しかし、Metal にはこのようなフォールバック機能が備わっていないようです。 この問題の回避策の詳細については、 https://developer.apple.com/jp/support/ から Apple 社の開発者サポートにお問い合わせください。

macOS Executor における Metal またはハードウェア アクセラレーションのサポートについては、現在こちらのページで改善要望をお寄せいただいています (同ページからご自由に投票、コメントをお寄せください。いただいた要望は今後の機能開発に役立てられます): https://ideas.circleci.com/images/p/hardware-metal-capability-for-macos-vms

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています