Github Webhook デリバリーの確認方法

リポジトリへプッシュしても CircleCI でパイプラインが実行されない場合、GitHub で Webhook を確認することをおすすめしています。


Webhook とは?

コミットをプッシュするたびWebhook が CircleCI に送信され、CircleCIがそのWebhookのもとにアクションを実行しています。 GitHubは、多くのイベント(最も一般的なのは「プッシュ」)が発生したときにプロジェクトに関する情報をCircleCIに送信しています。

GitHub 開発者向けドキュメント | Webhook

 

Webhook の確認方法

  1. リポジトリの設定ページに移動します。
  2. 左のメニューで [Webhooks] を選択します(https://github.com/<ORG>/<REPO>/settings/hooks ページに直接移動することもできます)。
  3. 次のようなページが表示されます。

    GH_repo_settings.png

  4. ここで、CircleCI の Webhook URL をクリックして、ページの下部にある[Recent Deliveries] を確認します。

    Screen_Shot_2019-04-11_at_5.05.23_PM.png

  5. Webhookのエントリをクリックして、デリバリーの詳細を表示します。 例えば、Webhook の [Headers] と [Payload] などが表示されます。

    Screen_Shot_2019-04-11_at_5.06.12_PM.png

 

X-GitHub-Delivery のヘッダー(このデリバリーを開くためにクリックした ID と同じ値)は、Webhook を追跡する場合に便利です。 サポートは、この値があれば、必要なに応じてさらに詳しく調査することができます。

[Payload] セクションでは、Webhook が正しいコミットハッシュを参照しているかを確認できます。

GitHub Webhookに対するCircleCI からのレスポンスも確認することもできます。 [Request] タブから [Response]" タブに切り替えます。 「200」レスポンスが表示されている場合、WebHook は正しくデリバーされていることを意味します。

 

Screen_Shot_2019-04-11_at_5.31.21_PM.png

この記事は役に立ちましたか?
30人中13人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。