iOS ビルドに異なるシミュレーターを追加する方法

Xcodeイメージは、シミュレーターランタイムの最新バージョンと一緒にプレインストールされています。 シミュレーターランタイムとシミュレーターデバイスのリストは、イメージマニフェストで確認できます。

シミュレーターランタイムの追加

テストに別のシミュレーターランタイムが必要な場合は、xcode-install gem を使用してジョブ内でダウンロードできます。 たとえば、以下のコマンドを使用します。

-run: gem install xcode-install
-run: xcversion simulators --install="13.2" --no-progress

別のシミュレーターランタイムをダウンロードすると、ビルド時間が長くなる可能性がありますので、注意してください。

新しいシミュレーターの作成

デフォルトでは提供されない特定のシミュレーターの組み合わせを作成する必要がある場合は、 xcrun simctl create コマンドを使用して作成できます。 たとえば、次のようなコマンドを使用します。

-run: xcrun simctl create 'iPhone 11 (13.2)' com.apple.CoreSimulator.SimDeviceType.iPhone-11 com.apple.CoreSimulator.SimRuntime.iOS-13-2
この記事は役に立ちましたか?
11人中5人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。