ローカルで通るテストが CircleCI では失敗する理由

この動作には、いくつかの理由が考えられます。

  • 言語バージョンが異なる. お使いのマシンと CircleCI で使用されている言語バージョンが同じであることを確認します。
  • パッケージバージョンが異なる. 構成ファイルでパッケージのバージョンを明示的に指定します。
  • タイムゾーンの問題. 一部のテスト用フレームワークでは、モジュールがタイムゾーンに対応していない可能性があります。 パソコンで正しいタイムゾーンが設定されていないと、一部のテストが失敗する可能性があります。 詳細については、FAQ にあるこの質問を参照してください。
  • ファイルの順序付け. 一部のファイルシステムでは、ディレクトリごとに順序付けされたファイル構造が維持されます。 このため、すべてのファイルは実行のたびに同じ順序で読み取られます。 しかし、CircleCI のビルドコンテナのファイルシステムには順序がありません。 実施するテストが、一定の順序で実行した場合にのみ通るようなものであれば、CircleCI では失敗する可能性があります。
  • "Out of Memory" エラー. ビルドコンテナのプロセスによるメモリ使用量が多すぎる場合、 Linux の OOM killer により終了されることがあります。
  • 起動時間が異なる. Elasticsearch や PostgreSQL などのアプリケーションは、CircleCI で起動するときに多少の時間を要することがあります。 テストを実行する前に、サービスが利用可能になるまで明示的に待機することで、この問題を修正できます。
  • サービスの信頼性が低い. テストでサードパーティー製のサービスを使用する場合、そのサービスが実際に実行されていることを確認してください。
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。