CircleCI のアップデートを確認する

CircleCI に関する最新情報は様々な方法で確認できます。

CircleCI のサーバー変更履歴

最新リリースは https://circleci.com/server/changelog に投稿されます。また、オペレーターは付属の RSS フィードを購読できます。

管理コンソールの使用法

Replicated 管理コンソール ($YOUR_CIRCLECI_HOSTNAME:8800/dashboard) にアクセスすると、更新を確認できます。

Replicated の統合 API

Replicated の統合 API にはバージョン API が含まれています。オペレーターはこの API によって、コマンドラインから CircleCI の更新を確認できます。

/version/v1/updates に対して GET リクエストを発行すると、利用可能な更新すべてのリストが返されます。

すべての API 呼び出しの先頭には、統合 API のベースエンドポイントが必要です。これは、すべてのアプリケーションコンテナ (この場合は、Services マシンで実行されているすべての CircleCI コンテナ) に自動的に追加される $REPLICATED_INTEGRATIONAPI 環境変数を照会して取得できます。

CircleCI のインストールでは、このベースエンドポイントは通常に https://$SERVICES_MACHINE_PRIVATE_IP:9880 の形式で表示されます。 このため、CircleCI の更新をチェックするための完全な形式の API 呼び出しは次のようになります。

curl -k https://$SERVICES_MACHINE_PRIVATE_IP:9880/version/v1/updates

オペレーターが監視システムを使用している場合、その既存の監視システム (例:Nagios) に API エンドポイントを組み入れることで、プログラムで更新を確認できます。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。