競合状況 - データベース待ち

データベースで接続を受け付ける準備が整う前に、アプリがデータベースへのアクセスを試みると、エラーが発生することがあります。 この場合、動作を継続する前に、データベースが完全にオンラインになるまで待機する必要があります。

dockerize:https://github.com/jwilder/dockerize をおすすめします。

この例で使用しているデータベースは、PostgreSQL です。 実行の最初の手順として、最新の Dockerize バイナリをダウンロードします。次の手順 `Wait for db` では、応答が受信されるまでポートでデータベースを待機します。タイムアウトは 1 分間に設定します。


version: 2.0
jobs:
 build:
 docker:
 - image: your/image_for_primary_container
 - image: postgres:9.6.2-alpine
 environment:
 POSTGRES_USER: your_postgres_user
 POSTGRES_DB: your_postgres_test
 workDir: /your/workdir
 steps:
 - checkout
 - run:
 name: install dockerize
 command: wget https://github.com/jwilder/dockerize/releases/download/$DOCKERIZE_VERSION/dockerize-linux-amd64-$DOCKERIZE_VERSION.tar.gz && sudo tar -C /usr/local/bin -xzvf dockerize-linux-amd64-$DOCKERIZE_VERSION.tar.gz && rm dockerize-linux-amd64-$DOCKERIZE_VERSION.tar.gz
 environment:
 DOCKERIZE_VERSION: v0.3.0
 - run:
 name: Wait for db
 command: dockerize -wait tcp://localhost:5432 -timeout 1m

MySQL でも同じ原則を適用できます。

dockerize -wait tcp://localhost:3306 -timeout 1m

Redis でも同様です。

dockerize -wait tcp://localhost:6379 -timeout 1m

Web サーバーなど、他のサービスでも同様です。

dockerize -wait http://localhost:80 -timeout 1m
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。