CircleCI コンフィグのバリデーション

概要

コンフィグファイルに、CircleCIの構文エラーや YAML の構文エラーなどがないことを確認するには、CircleCI のローカル CLI を使用してコンフィグファイルをバリデーションできます。

  • https://circleci.com/docs/2.0/local-cli にアクセスして、CLI をインストールします。
  • プロジェクトのルートディレクトリで、circleci config validateを実行します

トラブルシューティング

  • コンフィグファイルが、正しいディレクトリ .circleci/config.yml にあることを確認します
  • circleci version を実行し、問題を support@circleci.com へ共有してください

問題が解消されない場合には、support@circleci.com にサポートチケットを提出してください。

この記事は役に立ちましたか?
60人中34人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。