No Cache Found とキャッシュ生成のスキップ

キャッシュ復元の手順でキャッシュが見つからず、キャッシュ保存の手順ではキャッシュが既に存在していると報告される場合、チェックサムを再度確認します。 キャッシュキーは、構成に含まれているファイル、多くの場合は "lock" ファイルのチェックサムを使用して生成されます。

復元手順と保存手順の間で、このファイルがいずれかの方法で変更された場合、キーの不一致が発生し、1 つのキーでキャッシュを保存し、別のキーで復元することになるため、この操作は常に失敗します。

 

Errors

'No cache is found for key:`

'Skipping cache generation, cache already exists for key:`

Capture1.PNG

Capture.PNG

 

この問題が発生する理由

ビルド処理のいずれかの時点で、ロックファイルが上書きされる理由がないかを確認します。この処理は、インストール手順で発生する可能性があります。

 

Ruby Bundler を使用しており、ローカル開発環境と CircleCI 環境との間でバージョンが一致していない場合、バンドルのインストール手順が Gemfile.lock を上書きし、上述の問題を引き起こします。

 

ローカルとリモートの開発環境の間で、常にパリティを確認してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。