CircleCI での iOS macOS コードの署名

ビルドの一部としてコードの署名を実行する必要がある場合、こちらのドキュメントを参照してください。

注: 上記のドキュメントに記載されているように、CircleCI 2.0 でコード署名を行なうには Fastlane Match を使用する必要があります。

"Code Signing Error: No profile" または "Provisioning Profile Not Found" というエラーが表示される場合、キーチェーンのロックが解除されていないことが考えられます。 ビルドの内部から security find-identity -v -p codesigning を実行すると、コード署名資格情報の現在のステータスが一覧表示されます。 Fastlane Match を使用するには、このドキュメントに従ってください:https://circleci.com/docs/2.0/ios-codesigning/

この記事は役に立ちましたか?
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。