CircleCI での iOS macOS コードの署名

CircleCI 2.0 では、コードの署名のドキュメントで説明しているように、コード署名でサポートされている唯一の方法は、Fastlane Match を使用することです。

メモ:fastlane match を正しく動作させるには、Fastfilesetup_circle_cibefore_all に追加する必要があります。これにより、一時的な Fastlane キーチェーンが確実に使用されます。

「コード署名エラー:プロファイルが存在しません」 または 「プロビジョニングプロファイルが見つかりません」 というエラーが表示される場合、キーチェーンのロックが解除されていないことが考えられます。

ビルドの内部から security find-identity -v -p codesigning を実行すると、コード署名の認証情報の現在のステータスが表示されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
18人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。