ジョブとは

CircleCI 2.0 のビルドプロセスは、ジョブにより実行されます。ジョブは、CircleCI 2.0 の config.yml で定義されます。 ビルドを実行するための、シンプルな config.yml [最低 1 つのジョブが必要] (https://circleci.com/docs/2.0/jobs-steps/)。 Workflows を使用して、複数のジョブが特定の順序または並列に実行されるよう定義でき、他の各種の便利な構成も使用できます。

ジョブには最低でも executor の定義と、1 つのステップが必要です。 通常、ジョブは特別な チェックアウトステップを使用して、最初にリポジトリをチェックアウト します。 その後 、run ステップを使用して bash コマンドを実行し、ビルド、テスト、およびデプロイを行なえます。

ジョブを高速化するため、またはビルドプロセスに他の機能を追加するため、多くの特別なステップを使用できます。 依存関係のキャッシュの使用や、ジョブで作成したアーティファクトの保存を行なえるほか、テストレポートを保存して、テストの実行結果をジョブページの UI で直接確認できます。 ジョブの完了待ちの間に、ドキュメントページのここ で、すべてのステップオプションをスクロール表示できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。