これは Linux のエラーコードで、CircleCI 上のコンテナで使用できるメモリが不足した場合に表示されることがあります。 コンテナにはデフォルトで 4GB の RAM が与えられます。 ビルドプロセスでコンテナのメモリを使い尽くすと、ビルドは失敗します。

Java を使用するビルドに関連するメモリの問題については、ブログ投稿で解説されています。

https://circleci.com/blog/how-to-handle-java-oom-errors/

CircleCI 2.0 では、resource_class 構成オプションを使用して、ビルドコンテナで使用できるリソースを管理できます。

https://circleci.com/docs/2.0/configuration-reference/#resource_class

この機能を使用する前に、アカウントで resource_class を有効にする必要があります。 この機能の利用をご希望の場合は、サポートまでご連絡ください。こちらで機能を有効にします。

この記事は役に立ちましたか?
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。