アーティファクトの用途 (および制限)

ビルドにより、スクリーンショット、カバー率レポート、コアファイル、デプロイ用 tarballs などの永続的なアーティファクトが生成される場合、CircleCI はそれらのアーティファクトを自動的に保存し、リンクできます。 これらは、[Artifacts] タブに表示されます。

アーティファクトの使用法についてのドキュメントは、https://circleci.com/docs/2.0/artifacts/ にあります。

アーティファクトの使用に関して CircleCI は保存期間のお約束していません。 ドキュメントや永続的なコンテンツのソースとして、これらのアーティファクトが必要な場合、専用の出力ターゲットに出力をデプロイすることをおすすめします。 GitHub ページや Netlify (https://www.netlify.com/) などを使用して静的なサイトをホストすると、CircleCI の S3 ストアからアーティファクトをグラブしなくても、信頼性を高めることができます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。