アーティファクトの用途(および制限)

ビルドにより、スクリーンショット、カバー率レポート、コアファイル、デプロイ用 tarballs などの永続的なアーティファクトが生成される場合、それらのアーティファクトをダウンロードするリンクを利用できます。 これらは、[Artifacts] タブに表示されます。

アーティファクトの使用法についてのドキュメントは、https://circleci.com/docs/2.0/artifacts/ にあります。

アーティファクトは 30 日間利用可能です。 ドキュメント/永続的なコンテンツのソースとしてアーティファクトを利用している場合、静的な Web サイトの場合は GitHub Pages または Netlify などの専用の出力先にアーティファクトをデプロイすることをお勧めします。

この記事は役に立ちましたか?
16人中11人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。